マントルのことやプルームなどについて探究

地殻などについて探究をしました。速くなる境界があり、それより奥深い部分は固体であることがわかっています。液体のパートを外側核、固体のパートを内核といいます。密度分布がわかれば、地球インナーを構成するものが何であるかを推定することができます。地球の中心部にメタル核が存在する機構は、金星など他の地球形式惑星にも共通するものです。Pはやりは外側核とマントルの境界で屈折するため、地表にPはやりの影の部分(シャドー周辺)ができます。一般に地震はやりの蔓延る速さが鈍い部分は気温が激しく、密度が薄く、地震はやりの拡がる速さが手っ取り早い部分は気温が安く、密度がおっきい店だ。マントルは固体の岩石からなりますが、長くをかけてゆっくりと流動することができるので、マントル内方の密度のちっちゃい部分は上昇し、密度の大きい部分は降下します。マントル全身に関係する大ボリュームな流れはプルームとよばれます。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。http://www.imacsindonesia.com/musee-jizensyori.html