楽しみな里帰りは夢いっぱい・叶えたい事もいっぱいあり過ぎて

生まれてからずっと姪はおばあちゃんと一緒に住んでおりましたが、
親の事情によりおばあちゃんと離れ新幹線でも2時間程かかる県に引っ越す事となりました。
おばあちゃんの所に帰れるのは学校が長期休みとなる春休み・夏休み・冬休みのみです。
もうすぐその長期連休、姪にはおばあちゃんの所に帰ったら食べたい物・やりたい事がいっぱいです。
学校の宿題で「連休で楽しみな事を書いてみましょう」と言う物が有りました。
そこに姪は「私はこの長いお休みにおばあちゃんの所でカニを食べます。おばあちゃんが家の夕食で身を出してくれるカニが私が食べた事が有るカニの中で一番おいしいです。」
と書いたそうです。
カニ?
食べたいのはチラシ寿司じゃなかったの?
カニ何か県外まで買いに行って持って帰って食べさせた物です。
しかも高級な物の為そんなにおいそれと買える物でもなく、買いに行く事も出来ない物です。
おばあちゃんは「そんなこと聞いてないよー」と言いながらも姪が帰って来てから買いには行けれないので車を3時間程走らせ、
以前食べさせたカニを近いうちに買いに行くそうです。
ずっとおばあちゃんの所に帰りたくて仕方ない姪は、
叶えたい願・やりたい事が日々どんどん大きくなっているようです。
しかし、もはやおばあちゃんも年ですし金銭的な余裕があまりないです。
可愛い孫の願いは毎回膨らむでしょう。
何時まで叶えてあげられるやらミュゼ 背中