私はしょうもない坊やを持つ生業奥様なので、一日の主な売買は「手入れ・洗濯・炊事・子育て」となっております。
坊やができ上がる前は自分のおもう通りに働く事が出来ていたので、世帯に追われていても割り方余裕を持って過ごせていたのですが、産後からはくらしが一変。
何をしていても坊やが最優先となるので、全ての活動が中途半端に仕上がるお天道様もしばしばあります。
友達からは「産後は適当が肝心だよ」と良い助言を頂き、頑張りすぎないように「適当」を意識しているのですが・・
実に、家中の全てが中途半端に終わっている全景を見ると逆にストレスが溜まってしまうのが現状です。
殊にディナーミドルは火を訴えるので、仮に泣かれても早急に坊やの所に駆けつける事が出来ません。
何かソリューションはないかと考え、辿り着いたのが「構図置き」だ。
旦那が休みの日に子守りを任せ、数日分の副食をごっそり始める事で世帯の外敵が著しく解消されました。
何数々か常備菜を作っておけば、私が健康を壊した時や朝寝坊してしまった時でも、旦那が自分でお弁当器に副食を固めるだけで良いので非常に効率よく生活する事ができていらっしゃる。
そして毎日の食事を考えなくて良いので、その分他の状況に歳月を費やせます。
奥様として歳月を有効に使いたい折、昔ながらの「常備菜」や「構図置き」ははなはだおすすめです。http://www.igroupcal.com/musee-hige/

お子さんの歯が相当入れ替わってきた。ただ、永久歯が生えてきたところで、少しかみ合わせが気になってきた。顎がちっちゃいのか、歯が浮き出る空きが明らかに小さすぎるところもあり、どうしたものかと見なし始めた。自分自身のかみ合わせはよくも無く、酷くも無くといった感じである。歯の修正もしたことがない。妻も同様である。今の時代は、歯の修正を立ち向かう輩が多いという記述を見たことがある。また、お子さんとおんなじ年代の姪っ子が歯の修正を始めたと次女から聞いた。幼いところから行えば、それ程賃料を抑えられるとも聞いた。近年、お子さんは、7歳です。歯の修正を関わるにはちょうど良い年代化と思うので、修正を行うかどうか、妻とじっと話し合ってみようと想う。
また、授業で、席順替えがあったそうです。窓際の一番後ろの席順とのことである。お子さんのカリキュラムの頭数は奇数の結果、横がいない席順との振る舞いだった。本人は、ちょっとつまらなそうなことを話していたのが気になるところである。ただ、お子さんはあたしと違って交流性があるので、お子さんの雰囲気を注視するようだが、無事かなと楽観視やる。http://www.cinemasurprise.com/